マニュアル「小説の縦書きPDFを作ろう!」
はじめに
「小説の縦書きPDFを作ろう!」はブラウザ上でWeb小説の形式からPDFを書き出すPDF変換サイトです。
その名前のとおりテキストのレイアウトは縦書きのみです。今のところ横書きには対応していません。

各サンプルにおいて、
フォーム入力ボタンをクリックするとhttp://tenkawa.press/pdfのフォームにサンプルデータを表示できます。
PDF出力結果ボタンをクリックすると、各サンプルのPDFを表示できます。
どうぞお試し下さい。

各サンプルにおいて分かりやすいように文字のマス目を表示しておりますが、「原稿のマス目を表示」のチェックボックスを外せばマス目を消すことができます。
(なお原稿のマス目の橙色の塗りつぶしは、各行の10文字ごとの文字位置を分かりやすくするためです)

本文の書式
章タイトル
行頭に#(半角)をつけると章タイトルとして扱われます。
#プロローグ
章タイトルは、ページ番号の横に表示することもできます。詳しくはページ番号をご参照ください。

ルビ
ルビは(|単語《ルビ》)書式です。

|天《てん》|蓋《がい》

・ルビボタンの使い方
下のようにルビを挿入したい単語を選択してルビボタンを押せば、ルビの書式を挿入できます。

※ちなみにてんがいを入力する際に、|天蓋《てんがい》ではなく、|天《てん》|蓋《がい》とした方が、単語の途中でも行の折り返しができるようになりますので無難です。詳しくはルビの折り返しを参照ください。

傍点
傍点の書式は《《傍点》》です。ルビの書式を使って|傍《・》|点《・》とつけることもできます(結果は同じです)。

・傍点ボタンの使い方
下のように傍点を挿入したい文字列を選択して傍点ボタンを押せば、傍点を挿入できます。

縦中横変換(!?や0-9の1文字変換)
半角の感嘆符・疑問符あるいは半角の数字の並びは、縦1文字にまとめること(縦中横変換)ができます。


自動で縦中横になるケース
前後が全角文字で3桁までの半角数字あるいは半角数字は自動的に縦中横(縦1文字)に変換されます。

縦中横を無効にする方法
縦中横を無効にしたい文字列の前後を半角$で囲むと縦中横が無効になります。

縦中横できないケース
①4字以上の疑問符・感嘆符・数字は、縦中横表示することはできません。

縦中横を強制する方法
縦中横を強制したい文字の前後を半角^で囲むと縦中横表示を強制できます。

半角英数字
連続した半角の英数字の並びは自動的に(90度回転させた)縦書き表示になります。
もし一部数字などが縦書きになる場合には半角$で囲んでください。詳しくは縦中横を無効にする方法をご参照ください。

コメントアウト
//コメントアウト
++コメントアウト
行頭に//または++をつけるとその行はコメントアウト扱いとなりPDFでは表示されません。

特殊なコメントアウト
ページの1行目のみコメントアウト
--
1行目だと省かれ、1行目以外だと空行扱いとなります。数行おきに空行が入るが、ページの1行目に空行を入れたくない場合に便利です。

下寄せ
>>>>つづく
>>>>と>を四文字続けると、下寄せになります。

ページ内リンク
リンク[#タイトル]から、リンクの飛び先[タイトル]にページ移動します。

・リンクの書式
[#リンク名]
[#リンク名 別名]

・リンクの飛び先の書式
[リンク名]
[リンク名 別名]

・ページ内リンクのサンプル1
※[pgbr]は改ページ記号

・ページ内リンクのサンプル2(ルビを入れた例)
リンクにはルビも含めることもできます。
以下は乳母ナニー家庭教師ガヴァネスのルビを含むリンク例で、それぞれ[#|乳母《ナニー》]から[|乳母《ナニー》]へ、[#|家庭教師《ガヴァネス》]から[|家庭教師《ガヴァネス》]にページ内移動します。


・ページ内リンクのサンプル3(別名を使用した例)
[#用語解説]から[用語解説]へのリンクにそれぞれ別名をつけています。


外部リンク
[http://example.com]
[http://example.com ページ名]
クリックすると、ブラウザで外部サイトに飛ぶリンクを作成することができます。

字下げ
<○字下げ> //←字下げここから(○に字下する字数を入れてください)
</字下げ> //←字下げここまで
<○字下げ>〜で囲まれた範囲を字下げします。

周り込み解除記号[cl]
[cl]
文章の周り込みを途中で中断したい場合には、clを解除したい文の前に記入してください。

ページ末に強制追記
行頭に(半角の)&&をつけると、次のページにはみ出した行を余白を無視して強制的にページ末に書き込むことができます。ただし、ページからはみ出る場合もありますので、その点ご注意ください。


&& ←先頭に&&を付けた行は、ページの末に強制的に書き込まれます。

行開始位置をずらす
}}1行目
1行目の行頭に}}を付けると文章の開始位置を1行右にずらします。

}}0.51行目
「}}」の後に数字を添えると何行ずらすか小数点単位で細かく調整できます。

改ページ記号
[pgbr]  または  [pagebr]
[pgbr]記号があると、そこで改ページされます。改ページボタンを押すと、カーソルの位置に挿入することができます。

折り返し記号
[br]
行の途中で[br]記号があると、そこで行が強制的に折り返されます。
禁則処理が発生して意図した箇所で行が折り返されない場合の指定などに有用です。


禁則処理
以下の文字列が折り返し時に行頭に来る場合、禁則処理で行内に表示します。

》】)」。、.,!?・――


禁則処理についてはおそらくこんな感じだろうとあやふやにやっている部分があり、バグや気になった箇所があればコメントください。

ルビの折り返し
以下のようにルビを細かく分割しておいた方が、行の折り返しが柔軟になります。
ルビを中途半端な位置で分割したくない場合にはひと繋ぎにするか、ルビの前で折り返し記号[br]を挟む方法があります。


本文の一括変換
空行カット
Web小説では読みやすいように改行を多く挟み行間が空けられている場合が多いですが、テキストエリア右下の「空行をカットする」ボタンを押すことで、空行を詰めることができます。

変換前:変換後:

必要な空行まで消してしまう場合がありますので、その点ご注意ください。設定の保存で解説しているとおり、実行前にブラウザのキャッシュに原稿データを保存することができますので、よろしければお使いください。


表紙・目次・奥付共通設定
画像の貼り付け
「○○画像の選択」をクリックすると、背景画像をアップすることができます。


横幅合わせ
縦長の表紙画像をページ横幅に合わせた例です。

縦幅合わせ
横長の表紙画像をページ縦幅に合わせた例です。

用紙サイズ合わせ
用紙サイズに応じて画像が歪みます。

表紙の上の覧から以下のようにページサイズぴったりの画像解像度を取得することができますので、ページサイズにぴったり合った解像度の画像をあらかじめ作っておくとアスペクト比が歪みません。


表紙
表紙は「中央表示」「左寄せ」「右寄せ」「文字なし」の中から選択することができます。
表紙に記載される文字は著書情報に設定された内容のうち「作品タイトル」「サブタイトル」「著者」「イラスト」「キャラクター原案」「発行元」が使用されます。


タイトルの表示位置や文字サイズは、以下の①・②である程度調整することができます。


画像だけを貼り付けたい場合には「文字なし」を選択してください。
背景画像については画像の貼り付けをご参照ください。

目次
目次は、「横書き目次」各種と「縦書き目次」「文字なし」から選択することができ、「文字なしを除いて」目次は本文から自動的に作成されます。
各章タイトルはリンクとなっており、クリックすると該当するページに移動します。「文字なし」は目次画像の貼り付けを行い、自動生成されたリンクを必要としない場合に使用してください。


背景画像については画像の貼り付けをご参照ください。

目次の設定
表示段数
目次は#をつけた行の一覧から自動的に作成されます。(「文字なし」の場合には作成されません)
1を選択すると1段目までの章記号#から、2を選択すると2段目までの章記号##から目次を作成します。


章タイトルへのリンク
また以下のチェックボックスをオンにしておくと、ページ番号のクリックで目次にページ移動するリンクをつけることができます。必要ない場合にはチェックを外してください。


目次の開始位置
横書きの場合、①のオフセット位置を調整することで、目次の上下の開始位置を調整することができます。


フォントサイズ
横書きの場合、②のフォントサイズを調整することができます。


横書き目次
以下のように「中央」「左寄せ」「右寄せ」の中から横書き目次を設定することができます。



※制限事項として、横書き目次ではルビは使えません。章タイトルが長く画面からはみ出す場合にはフォントサイズで調整してください。

縦書き目次
以下のように本文から縦書き目次が自動生成されます。


奥付
奥付は「左寄せ」「右寄せ」「文字なし」の中から選択することができます。
表紙に記載される文字は著書情報に設定された内容が使用されます。


表示位置や文字サイズは、以下の①・②である程度調整することができます。


画像だけを貼り付けたい場合には「文字なし」を選択してください。
背景画像については画像の貼り付けをご参照ください。

挿絵
挿絵の配置
挿絵の読み込み
本文の入力覧の下に画像選択ボタンがありますのでクリックして必要な画像を読み込んでください。

本文への挿入手順
たとえば「プロローグ挿絵.jpg」という画像をアップした例を示します。
画像を配置したいテキスト位置に①カーソルを移動させ、画像サムネイル上の②「本文に画像タグを挿入」ボタンを押してください。すると③画像タグが挿入されます。


画像タグ
画像タグは以下のような書式になりますが、基本的にGUIですべて設定できますので煩雑な書式については覚えなくても大丈夫です。

[img プロローグ挿絵.jpg pdf-image-ratio:96% pdf-vertical-align:center pdf-image-left-or-right pdf-use-empty-space image-before-space:0 image-after-space:2 pdf-pagenumber-none]

挿絵の設定ボタン
画像タグ挿入後は、以下のようにボタンが増え、「表示設定」ボタンをクリックするとレイアウト設定が右に展開表示できます。


画像タグの移動
画像の位置を移動させるのに画像タグをカット&ペーストする必要はなく、画像サムネイル上の「↑前行に移動」「↓後行に移動」をクリックすることで前後の行に移動させることができます。


以下は画像タグを①前行に移動、②後行に移動させた例です。


基本配置パターン
画像の配置方式の基本パターンとして、文の間に画像を配置するパターンA、画像の下に文章が回り込むパターンB、画を固定配置するパターンCの3つがあります。


パターンA:文の間に画を配置
文の間にイラストを配置するパターンです。


①〜②は文とイラストの間の余白となり、以下の○字の部分を変えれば変更することができます。
何字かというのは本文の文字サイズになります。

上下の余白と画像縦幅
「(上下の余白を除いた)文の高さか」か「ページ高さ」かのどちらかを基準に画像の縦幅を設定できます。


100%より小さく設定すると「画像の上下配置」が表示されますので、「中央」「上寄せ」「下寄せ」の中からお選びください。


以下は高さ100%の画像と50%の画像(上寄せ)の、基準高さ「文の高さ」「ページ高さ」それぞれの表示の違いです。


画像の左右余白
「1行目のとき右余白をなくす」をチェックするとページ先頭行の画像を右余白をつぶして右寄せに、「最終行のとき左余白をなくす」をチェックすると最終行の画像を左余白をつぶして左寄せにすることができます。


画像を左右どちらに寄せる
もし紙の書籍のように、イラストが必ずページの左右どちらかの端にくるよう配置したい場合は、以下の「強制的に左右どちらかに寄せるにチェックを入れてください」


イラストが右側に来るか左側に来るかは、以下のように文章のどのタイミングで画像が挿入されるかによるようになります。



パターンB:文章の周りこみ
パターンB選択時に画像縦幅を100%より小さくして十分な余白を空けると、画像の下に文章を周りこませることができます。登場人物紹介などに便利だと思います。


読みやすいように①〜④の余白幅を調整することができます。
(少し分かりにくい)①の余白については、以下のように画像位置を左右に微調整する用にお使いください。


文章の周り込みを中断したい場合は本文の書式CL記号をお使いください。

以下のオプションでパターンA同様に左右の余白設定を詰めるかを設定することができます。(同様ですので)詳しくはパターンAの画像の左右余白を参照ください。


パターンC:絵をページに固定
ページを占有するように画像を配置します。
下のサンプルは、画像幅を横幅に合わせた後、上下位置を中央に合わせた例です。
画像の上下が切れてしまっており、縦長画像の全体を表示したい場合には「ページ合わせ方法」で「①縦幅に合わせる」を選択してください。

ページ合わせ方法
画像は「①縦幅に合わせる」「②横幅に合わせる」「③用紙に合わせる」の中から選択することができます。上の画像は横幅に合わせているため、はみ出してしまっています。縦幅に合わせると縦長の画像全体を表示することができます。


縦幅に合わせる
縦長の画像向きです。縦幅に合わせた場合、画像の左右配置を選択できます。


画像縦幅を100%より小さくした場合には、画像の上下配置も選択できます。

横幅に合わせる
横長の画像向きです。横幅に合わせた場合、画像の上下配置を選択できます。


画像横幅を100%より小さくした場合には、画像の左右配置も選択できます。

用紙に合わせる
用紙に合わせた場合、縦横のアスペクト比が崩れてしまいますのでご注意ください。


ちなみに挿絵の下の覧から以下のようにページサイズぴったりの画像解像度を取得することができますので、このサイズの画像をあらかじめ作っておくとアスペクト比が歪まないはずです。


ページ番号の表示

上のように挿絵とページ番号が被る場合があり、ページ番号を表示するか画像ごとに選択することができます。


「隠すか自動判別」を選択すると、少しでも表示領域が被る場合に自動的にページ番号を表示しないようにします。
その他、状況に応じて「常に隠す」「常に表示」を選択してください。
なお複数画像がある場合には、後の出てきた画像のページ番号の表示設定の方が有効になります。

画像の統合(グループ化)
画像タグが連続していると画像の統合を選択できるようになります。
以下のように、ひと繋ぎで表示したい画像が2枚あった場合に1枚の画像のように扱うことができます。


また横長表示のときに2枚の画像をページぴったりに配置するのは画像サイズ調整が非常に面倒ですが、画像統合しておくと簡単です。


画像の統合
画像タグが隣接している場合、以下のように「前の画像と統合」もしくは「後の画像と統合」ボタンが出現します。

画像統合前

画像統合後

画像の分離
「画像の分離」ボタンを押すと、元の状態に戻すことができます。

設定の保存/読み込み
設定保存
ログインをすると以下のように「設定保存」のボタンが左上に表示され、(画像データを除いた)原稿データや設定の保存ができるようになります
データは、サーバ上に保存しているわけではなく利用者さんのブラウザのキャッシュとして保存しています。共用PC等で使用される場合にはご注意ください。
※画像データを省いているのは、ブラウザのキャッシュとして保存する容量制限からです。

設定読込
一度データを保存すると「設定読込」ボタンが使えるようになります。ブラウザのキャッシュに保存された原稿データと(画像を除く)各種設定を読み込むことができます。


ただし画像は読み込まれません。たとえばサンプルデータを読み込んだ後、「設定保存」「設定読込」を実行すると以下のようにサンプルデータに含まれていた画像データが不足します。


本文の画像タグに含まれる画像ファイルを再度ブラウザに読み込んでください。
つまり作業状態を完全に復元するには「設定読込」と使用していた画像ファイルの再読み込みの二つのプロセスが必要になります。
※ちなみに画像データは複数選択でまとめて読み込むことができます。

設定削除
以下のように「≪」を押して展開表示される「設定削除ボタン」をクリックして削除してください。これでブラウザ上の原稿データを消去できます。

注意事項
原稿はブラウザのキャッシュとして保存しており、別のパソコンを使用したりブラウザのキャッシュを消すと保存した原稿を読み込むことができなくなります。
共用のパソコンで利用する場合には、上の原稿の削除を実行しておくことをお勧めします。

ページ設定
設定一括読み込み
ここのパラメータを変更すると、下の用紙サイズ設定レイアウト設定フォント設定がまとめて変更されます。


用紙サイズ設定

用紙サイズを変更すると、横・縦のサイズと余白サイズがまとめて変更されます。
ページにぴったり収まる画像サイズも合わせてご参考ください。


レイアウト設定

タブレットなどの横長表示環境でページの切れ目なく表示させたい場合は、左側の「①横長表示専用」を選択してください。
スマホなどの縦長表示環境を想定している場合は、右側の「②縦長表示・横長表示兼用」を選択してください。

横長表示専用

パソコンやタブレット等の広い画面に表示する場合は、横長専用にした方が見やすいと思います。


縦長表示・横長表示兼用

同じPDFデータでスマホでは1ページ表示し、タブレットでは2ページ表示させることができます。
スマホでの表示を想定する場合はこちらになります。
パソコンやタブレット等の横長環境では見開きで表示させることができますが、横長専用表示と違いページの繋ぎ目が発生します。

以下、スマホの方はiPhone7(i文庫S)で、タブレットの方はiPad Pro(i文庫HD)での表示です。


フォント設定
本サイトで使用している本文の「源暎こぶり明朝」「源暎ちくご明朝」「源暎ゴシック」「源暎ノンブル」は、御琥祢屋(おこねや)さんにて配付されているフォントをお借りしております。電子書籍での読みやすさに配慮された特徴のあるフォントです。詳しくは御琥祢屋さんのサイトをご覧ください。

ご注意
本サイトのPDF作成ツールのフォントの配置はかなり強引に字間を詰めたり無理矢理調整しているので、上手く表示されなくても源暎フォント側の問題でないことをあらかじめご承知置き下さい。表示がおかしくなった場合にはバグ報告でお知らせくださると助かります。

ページ番号
ページ番号の表示位置
ページ番号の表示位置は、左下・左上・中央下から選択できます。表示位置を微調整したい場合はオフセット値を入力してください。

表示位置の自動調整
「表示位置を余白に合わせる」をオンにしている場合、X(横)とY(横)の値は、自動的に設定されます。

ページ番号のフォーマット
ページ番号のみ
ページ番号のフォント、フォントサイズを変更できます。

ページ番号と章タイトル
こちらを選択した場合は、ページ番号の横に章タイトルを表示することができます。

ページの開始番号
通常1ページ目から始まるページの開始番号を変更することができます。
後からPDFファイルを編集して、別のPDFファイルと合成したい場合などにお使いください。
注:PDFを編集するためには、セキュリティ設定で編集可にする必要があります。

セキュリティ設定
初期状態では、作成したPDFファイルにセキュリティ制限はありません。

「利用制限をかける」にチェックを入れると、閲覧だけが可能な状態になります。

「編集」「注釈」「印刷」「閲覧」はそれぞれ以下のような制限を意味します。

「編集」
 ページの追加など、後から変更を許可するかどうか。
 Adobe Acrobat等のアプリケーションでPDFファイルに表紙や目次を別途追加したりと後から加工したい場合には「編集」可にする必要があります。

「注釈」
赤でペン入れをすることができるかどうか。
PDFファイルに赤ペンを入れて校正したり注釈を入れたい場合には「注釈」可にする必要があります。
たとえば、以下はiPadのiAnnotate PDFで赤入れをしている例です。


「印刷」
紙に印刷することを許可するかどうか。
紙面でチェックしたい場合などには「印刷」可にする必要があります。

「閲覧」
そのまま表示できるかどうか。
以下のように閲覧にも制限をかけたい場合には「閲覧パスワード」にチェックを入れてパスワードを設定してください。


すると以下のように閲覧にパスワードが要求されるようになります。


著書情報
この部分を設定すると、PDFプロパティにパラメーターを設定することができます。


バグ報告
ページ下部にあるバグ報告にチェックを入れると、以下のようにバグ報告の入力フォームが展開されます。
できればバグ症状のキャプチャ画像も添付してバグ報告いただけると大変ありがたいです。

バグ報告時の原稿データはデバッグに使用されますのでご注意ください。
できれば原稿データの方もバグを再現できる状態にしていた上でバグ報告ボタンを教えていただけると助かります。バグの再現に必要ない部分はカットしていただいて大丈夫です。


バグ報告の例
改行処理が正常に行われておらず文字が被さった場合には、一例として以下のようにご報告いただけると助かります。

ご意見・ご要望
もし、マニュアルに不備がありましたら、どこかにコメントでご連絡くださると助かります。マニュアルの各行でもページ下部のコメント入力覧でも構いません。
Twitterの連絡窓口は@TenkawaFusuiまで。
または、連絡窓口(Twitterログイン必要なしです)からお願いします。





マニュアル「小説の縦書きPDFを作ろう!」へのコメント:
Twitterログイン
※コメント入力にはTwitterログインをお願いしております。
行ごとにコメントもできます。